糖尿病性神経障害の原因と治療法、予防法とは?とにかく血糖値を安定させましょう!-しびれの足ドク-

足先のしびれから始まり、ちょっとした原因で足の組織が死んでしまうと足の切断もありうる、という糖尿病の3台合併症のひとつ、糖尿病性神経障害。

ちょっと足が冷える感じが続く、足先がしびれている、裸足で歩いているのに砂利や厚い皮の上を歩いているような感じがするなどの違和感があったら、早めに医師に診察をしてもらってください。

糖尿病性神経障害の原因

考えられている原因がいくつかあります。

・神経細胞内の代謝障害

糖尿病は、血糖値を安定させるための治療を行います。その時に、長期間の高血糖状態が続くことがあります。長期間高血糖状態が続くことによって、神経細胞が代謝障害を起こすのが原因の一つでないかと考えられています。

具体的には、神経細胞内にブドウ糖が形を変えて蓄積されるためだと考えられています。ソルビトールという物質が蓄積されることによっても起こるとされています。

・毛細血管の動脈硬化

糖尿病は血管もいたみやすい病気です。末梢にある細い血管が硬化し、詰まりやすくなることによって神経障害を起こすことも原因の一つです。足に出る例は少なく、顔や聴神経などへ影響することが多いといわれています。

糖尿病性神経障害の治療について

治療は、主に薬物療法がおこなわれます。壊疽など、重篤な状態に陥っている場合は、患部を切断することもあります。

・薬物療法

神経細胞内にソルビトールが蓄積するのを抑える薬を投与する方法があります(アルドース還元酵素阻害薬)。毛細血管の動脈硬化対処のため、血流を良くするための血管拡張薬などが使われる場合もあります。

この場合、薬物療法をすると、一時的に痛みがひどくなることがあります。詳しい原因はわかっていないのですが、治療後神経障害と呼ばれるもので、このために同時に鎮痛薬が処方されることがあります。

一時的に痛みがひどくなると、自分の判断で薬をやめてしまう人もいます。副作用だと勘違いして、薬物療法をやめたがる人もいます。始まっている治療を途中で自己判断でやめてしまうことは、さらに病気を悪化させることになるので気を付けてください。治療後神経障害は一時的なものなので、そういうものだと理解しておくことが一番大切です。

悪化させないために

血糖値を正常に保っておくことが何より大事です。ただ、長期間高血糖の状態が続いている場合は、急に正常な状態まで下げることによって神経障害が悪化することがあります。その場合は、徐々に時間をかけて正常値に戻していくことが大切です。血糖値はこまめに測定し、良好な状態をいつも保つようにしましょう。

タバコ、アルコールはダメです。アルコールは神経障害を悪化させ、タバコは血流の状態を悪化させます。

糖尿病性神経障害になると、傷などを見逃しがちになります。こまめに足をチェックし、常に清潔にしておきましょう。細菌などに対する免疫も低下しますので、壊疽にならない注意が必要です。

症状によって、対症療法は違います。医師とよく相談して、早期発見、早期治療を行いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク