太ももの外側に痺れを感じたら!それは異常感覚性大腿神経痛かも知れません。-しびれの足ドク-

太ももの外側がしびれるような感じ、びりびりと電気が走るような感じがしたら、異常感覚性大腿神経痛、別名、外側大腿皮神経絞扼性障害ともいいます。

太ももの外側の神経が、主に鼠蹊部の靭帯によって圧迫され、知覚異常を起こしたものがしびれです。多くは単純に圧迫によるものが原因ですが、まれに重大な病気が隠れている可能性もあるので、注意が必要です。

異常感覚性大腿神経痛の始まり

異常感覚性大腿神経痛は、多くは太ももの外側の痺れから始まります。太ももの外側から前にかけて、軽く痛んだり、ピリピリするようなしびれが出たり、つまんでもあまり痛くないというような感覚異常から始まることが多いようです。

また、しびれが起きた時に、骨盤の下をたたくと電撃のようなものが走る感覚がある場合も異常感覚性大腿神経痛の疑いがあります。

太ももの外側にある神経が、鼠蹊部の靭帯によって圧迫されると起きる症状です。きついズボンをはいたり、ベルトなどで圧迫したりするときに生じることもあります。

異常感覚性大腿神経痛は、感覚神経を圧迫されることによっておこる痛みなので、運動神経には直接影響がありません。痛かったりしびれたりしても、歩行困難になることがなく、膝より下に症状が出ないことに特徴があります。

初期症状で腰痛椎間板ヘルニアや股関節変形症と鑑別するポイントは、

・痺れはするが歩行困難ではない
・膝より下にしびれは出ない

坐骨神経症との鑑別ポイントは、

・痛みが太ももの外側から前面にかけてに限定されている

というところです。

異常感覚性大腿神経痛を放っておくとどうなる?

異常感覚性大腿神経痛は、原因を取り除かない限り、治りません。足の外側にしびれや痛みを感じたら、とにかく安静を心がけましょう。腰回りの圧迫するものを外して、あおむけになって膝を立てた姿勢で痛みが軽減しやすいです。

歩行が可能なので、我慢して歩いてしまったり、休息を十分に取らずにだましだまし放っておくと、外側だけだった痛みが、徐々に足全体で広がっていきます。膝の関節や、股関節痛、腰痛になってくる場合もあります。

ひどくなると、圧迫されている神経が炎症を起こします。炎症を起こした神経は、周りにある靭帯や筋肉と癒着します。こうなると、ひどい痛みに襲われるようになります。痛みを感じるばかりか、運動神経にも影響を及ぼしますので、運動困難や歩行困難を起こします。

歩けなくなる前に、原因を突き止めて除去し、安静を保つことで異常感覚性大腿神経痛は直ることが多い病気です。

次ページ:異常感覚性大腿神経痛の原因と治療法とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク